手続きの段取り

まずは遺産分割協議書の作成から

相続問題は非常に面倒ですし手間もかかるでしょう。しかし放置は良くありません。他に金融資産などがあればいいのですが、遺産と呼べるものが不動産だけの場合、誰かが代表して相続登記することになるでしょう。相続人全員で共有名義にすることは、もちろん可能ですが得策ではないでしょう。共有名義の場合には、売却するにしても全員の同意が必要になります。 登記した人も含めて誰もその家に住まないなら売却して、売却代金を分配することになります。まずは相続登記をしなければなりません。 登記をするには、相続人全員が遺産分割協議書に署名捺印することが必要です。売却後の分配も含めて、きちんと話しをしなければなりません。

もしも揉めることが予想されるなら弁護士に依頼を

遺産分割協議が難航しそうであれば、最初から弁護士に依頼するほうがいいでしょう。弁護士なら他の相続人との間に入って、調整や交渉を行うことができます。すんなり話が進むなら、司法書士に依頼したので十分です。司法書士なら遺産分割協議書の作成から相続登記、売却後の移転登記までやってくれます。 登記が終われば、売却できますが相続税が必要かどうか確認が必要です。税金はこれだけではありません。不動産を売却すると譲渡所得税が課税されます。相続税を支払ったならば、一定期間内の売却の場合には、譲渡所得税の軽減措置もあります。その他にも売却のタイミング次第では得する場合もあれば、損する場合もあります。まずは専門家に相談してみてください。